UP

オイルクレンジング、メリットと正しい活用法

メイクを落とさず寝てしまった経験はありませんか

メイク落とし、毛穴に詰まった角栓や汚れを落とすためにクレンジングの存在は不可欠です。化粧は肌を美しく魅せ、シミやソバカスといった箇所を上手く隠すことが可能ですが付けたまま丸一日過ごすと肌に大きなダメージを与えてしまいます。結局はアイブロウやチーク、口紅といった存在は時間が経つと肌の汚れに変わりないのでしょう。これらの物質はニキビや色素沈着、くすみ肌の原因となってしまいます。どんな人でも肌はデリケートなので、こまめなスキンケアが大切ですよね。

オイルクレンジング、使いやすいけどデメリットもある

現在、クレンジング一つとっても多くの種類のものが販売されてます。クリームやリキッド、ジェルにミルクなど様々ですが、滑らかで使い心地がよいオイルタイプは多くの人から支持があります。濃い目の汚れでも簡単に落とせ、メイクとなじみやすいという利点があるので化粧崩れが多いTゾーンの洗浄におすすめです。しかし、洗浄力が強い反面ゴシゴシ擦ったり、過剰なマッサージは肌に必要な皮脂を奪い乾燥や皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。滑らかな性質はつい指先に力を入れてしまいがちなのが原因でしょう。

擦らないことも重要ですが

オイルクレンジングを使う際、できるだけ肌を刺激しないための工夫は存在します。まずは手を洗いましょう。これを行わないと手の細菌により肌トラブルを引き起こしてしまいます。オイルは顔全体に一気に塗らず、比較的皮膚が強い額から鼻にかけて馴染ませましょう。そして、オイルと水を合わせ乳化させた状態で顔全体まで広げることで綺麗に洗い流せます。最後はぬるま湯を使いすすぎ、洗顔を行い柔らかいタオルで水分を拭き取ります。日によってノーメイクで過ごす場合がある人は、洗顔料だけでも汚れは十分に落ちます。クレンジングはメイクを行った時だけにすれば、肌へ余計な負担をかけずに済むでしょう。

品川美容外科の死亡について調べる