UP

手軽にできる美容法!正しい洗顔のポイント3つ

洗顔料はなるべく泡立てて

ちゃんとスキンケアしているつもりなのに、あまり効果が出ていないと感じることもありますよね。そんな方は、一度自分の美容法を見直してみてはいかがでしょうか。ほんの少しケアを変えるだけで、化粧品の成分が肌にもたらす効果が違ってくるかもしれませんよ。まずは、正しい洗顔の方法を見直しましょう。その日の汚れをすっきりとオフすることができれば、その後に使うスキンケア製品の効果が高まります。洗顔料を使う時には、なるべく細かい泡ができるように泡立てると、洗顔時の摩擦が軽くなるので、肌にかかる負担も少なくなりお勧めです。

ゴシゴシと擦るのは厳禁!優しいタッチで洗うこと

最初にぬるま湯で汚れを軽く落として、洗顔料をしっかりと泡立てたら、いよいよ顔を洗っていきます。この時のポイントは、絶対にゴシゴシと肌を擦らないこと。汚れをしっかり落としたいあまり、強く洗ってしまうと角質層まで乱れてしまって肌本来のバリア機能が低下してしまう可能性があります。肌に余計なダメージが加わることは、肌が敏感になってしまう原因にもなりかねないので、ふわふわと優しいタッチで擦らずに洗いましょう。

すすいだ後はすぐ保湿を!

擦らないように注意しながら洗うことも大切ですが、すすぎをきちんと行うのも重要なポイントです。肌に洗顔料が残ってしまうと、肌が荒れてしまったり、残った洗顔料が酸化することによってシミができてしまうことも。そうならないために、すすぎは十分に行います。洗い上がったら清潔なタオルを使って優しく丁寧に拭き取ると負担がかかりませんよ。洗顔後の肌は、潤いを守る皮脂が一緒に落ちてしまっているので、すぐに乾燥してしまいがち。そのため、洗顔後は即保湿をするように心掛けるのがスキンケアの美容効果を高めるコツです。

品川美容外科の提訴について調べる